サイエンスダイエット(キャットフード)のMIX(15歳と4歳)の口コミ

サイエンスダイエット キャットフードを15歳と4歳のMIXにあげている口コミです。MIX15歳と4歳の猫にサイエンスダイエット キャットフードをあげています。キャットフードを選んだ理由と猫の反応を含めてご紹介いたします。

 

サイエンスダイエット キャットフードを食べているニャンちゃん紹介

飼い主:30代女性

猫種:MIX

猫の年齢:15歳のキマリと4歳のヤミちゃん

キャットフード:サイエンスダイエット、ストラバイトケア、phコントロール、ph等を重視したドライフードを飽きない様にメーカーを毎回一種類変えて混ぜてあげています。

月の餌代:7000~8000円

 

愛猫の性格(MIX15歳と4歳)

高齢のにゃんこは、ロシアンブルーの雑種で、旦那が大好きな甘えん坊のおじいちゃんにゃんこで、休みで旦那が自宅に居ると片時も離れません。お昼寝するときも少しでも、旦那に触れて居たいらしく夏場でも旦那に体の一部をくっつけて、ぴったり貼り付いて寝て居おり人間の方が参っています。
それにドライブが好きで外出時に、一緒に来る?と聞くと行きたい時は、ジャンプして抱っこされに来てくれて、とても可愛いです。小さい時は、耳たぶを吸いながら寝て居たのですが子猫が来てからお兄ちゃんぶったのか耳たぶちゅちゅは、しなくなってしまいちょっと残念です。
数年前の台風の前日に拾った黒猫にゃんこは、お外を眺めるのが大好きな中途半端に甘えん坊のにゃんこで、お風呂上がりの薄着のまんまの抱っこと腰ポンポンと万歳して上げるのが大好きで、して上げると非常に喜びます。

 

サイエンスダイエット キャットフードを選んだ理由

2匹共に膀胱炎や尿道結石と腎臓病の気がそれぞれあるので、病院で言われた処方食のみだと美味しくないらしく厭きて食べない事やプッと吹き出して、ナイナイする砂掛けする行動が目立ち体重が落ちてしまったりと問題点が多々あったので、掛かり付けの獣医師に相談した所、処方食にプラスして同効果の表記がある市販のメーカーの物2/1または、3/1の割合で混ぜてみて、悪化しないのであれば、そのまま混ぜてあげて良いと言われたので、試してみた処大丈夫だったので、毎回同じメーカーだと飽きるので毎回違うメーカーのドライフードを混ぜてあげています。

 

猫がいて良かったこと

我が家は、私の持病の性で子供が出来ないが旦那が子供好きなのは、分かっていたので、申し訳ない気持ちもあったので、子供が居なくてもにゃんこが子供の代わりになってくれており、程好く手がかかり1人の時も寂しくないし、コミュニケーションをちゃんととって居るとこっちが言ってる事も理解してるようで、癒やされるので、相談しあい買うのではなく、野良猫や譲渡してくれる方から譲って貰おうと言う話になり、にゃんこを飼いはじめました。

 

モグニャンキャットフードのグレインフリーの商品の感想

グレインフリーってメーカーは、初めて聞いたしみたけど、値段的にも今買ってる物に近いし、書いてある評価通りの高齢のにゃんこにも合い毛並みや食い付きをみせてくれるならは、是非とも試してみたいのですが、うちの子達の様な尿道結石や腎臓病の気があってもあげられるのであれば、買って混ぜてあげてみたいですが、病状が悪化しても困るので、機会があったら掛かり付けの獣医師と相談してgoサインが出るようなら購入してみたいですね。

 

モグニャンキャットフードについてはこちら>>>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です